ブックメーカーの違法性についての考察

ブックメーカーを利用する場合には
ブックメーカーに違法性があるのかどうかを
考えておかなければなりません。

それは、日本では一部の公的に
認めれられたギャンブル以外では
賭博罪という違法行為があるからです。

もちろん、ブックメーカー自体が
違法であるということではありません。
ブックメーカーはギャンブルなどが違法ではない国や
地域で運営されている場合には合法と言って間違いありません。

たとえば、日本人が海外旅行や海外に
在住しているような場合にはブックメーカーを
利用しても違法ではありません。

問題となるのはブックメーカーを
インターネットなどを経由して
日本国内で利用することが
違法かどうかということです。

日本国内の会社が運営している
ブックメーカーがあるとするならば
そのブックメーカーは違法に間違いありません。

さらにその海外のブックメーカーを比較して
しっかりとライセンスを取得しているところを
選択すればさらに大丈夫です。

とはいってもブックメーカーを比較するのは
骨が折れますのでこのブックメーカー比較サイト
参考にしてみるといいかもしれませんね。

結論的にはブックメーカーをインターネットなどを
経由して日本国内で利用するということは
違法に近いグレーゾーンであるといっていいでしょう。

はっきりと法的に結論が出ていないと言えるかもしれません。
同じようなものにオンラインカジノがありますが、
オンラインカジノにしてもブックメーカーにしても
違法行為として検挙されたことはないからです。

実際にブックメーカーを
利用しても検挙される
可能性は低いということになります。

しかし、それは法的な整備が
されていなだけということもありますので、
今後はブックメーカー関連の法律が整備されれば全く、
違法となることもありますので、
それは注視しておかなければならないでしょう。